ビルドプレート (205 x 205)

ビルドプレート (205 x 205)

ビルドプレート (205 x 205)
  • ビルドプレート (205 x 205)(1)
  • ビルドプレート (205 x 205)(2)
  • ビルドプレート (205 x 205)(3)
  • ビルドプレート (205 x 205)(4)
  • ビルドプレート (205 x 205)(5)
  • ビルドプレート (205 x 205)(6)
  • ビルドプレート (205 x 205)(7)
  • ビルドプレート (205 x 205)(8)
  • ビルドプレート (205 x 205)(9)
  • ビルドプレート (205 x 205)(10)

発売日 : 2022/03/19

¥3,950 (税込 送料込 ¥4,345)

在庫切れ 再入荷をお待ちください

3Dプリント時の反りが大幅に改善されるビルドプレートです。
従来、スティックのり、ヘアスプレー、ビルドタックなど様々な方法で3Dプリントの反りを抑える方法が試されてきました。特に ABS、ナイロン、PP (ポリプロピレン) などは手強く、同素材のテープをクロスで貼ったり、木工用ボンドをそのまま、あるいは水で薄めてビルドプレートに塗る、という方法が取られてきましたが、このビルドプレートはそういった手間が全くかかりません。
通常ラフトを造形するようなケースでもそのまま出力できることが多いので、フィラメントの節約、という面でも役立ちます。
使用にあたっては従来お使いのビルドプレートに取り付けるメタルシートなど外せるものは外してダブルクリップで固定します (商品に固定用ダブルクリップは含まれていません、画像9枚目、10枚目)。Anycubic Mega シリーズなどビルドプレートが取り外せないものは、Z軸の高さを十分下げ切ることができないので、スライサーのZ軸オフセットを活用して一層目の高さを調整する必要があります。
ビルドプレートから造形物を取り外すのはプレートの温度が一旦下がってからの方がやりやすいです。また、テープ剥がしなど刃の薄い道具を使うと、綺麗に剥がすことができます。

普段から大量に3Dプリントし続ける私たちだからこそ自信を持ってお勧めできる逸品です。

※8枚目の画像は、従来の方法で出力しているもので、PP フィラメント出力時に PP テープをプレートに貼り付けていても収縮により生じた反りでプレートからテープが剥がれてしまっている様子です。前半の画像でのプレートへの貼りつきと比べてみてください。

※表示されている価格には、送料が含まれています。

在庫切れ 再入荷をお待ちください